over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
サニーのおねがい 地雷ではなく花をください
評価:
自由國民社
¥ 1,529

地雷の犠牲になっている、多くの人、動物たち。

そのことを伝える絵本です。
スポンサーサイト
2009/03/14 Sat 13:38
絵本 > その他の絵本
trackback(0) | comment(0) |permalink
テディ・ベアのおいしゃさん
評価:

可愛がられ、捨てられたテディベアたち。
そんなテディベアを見つけて拾い、
無くなった腕や足を新しくつけ、
テディベアの話を聞き、かわいがっているおじいさん。

なんだかほっとするような。
でも切ない。

2008/09/25 Thu 09:25
絵本 > その他の絵本
trackback(0) | comment(0) |permalink
オットー―戦火をくぐったテディベア
評価:

ある少年へ、誕生日プレゼントとして贈られたテディベア。
その後の戦争で、いろんな人の手に渡り、
そしてまた、少年と再会できる、と言う物語。

2008/08/31 Sun 18:11
絵本 > その他の絵本
trackback(0) | comment(0) |permalink
悲しい本 (あかね・新えほんシリーズ)
評価:
マイケル・ローゼン
¥ 1,470

子供を失い一人で生きている男性の、
悲しい、という気持ちと、それを抱えて生きる日々の絵本です。

誰しも、悲しい、という気持ちを持って生きているもの。
誰もが、それを免れることは出来ない。
唐突にやってきて、自分を支配する。

でも人は、生きていかなければならない。
悲しいだけではないし、希望というものがある。

本の中の男性の行動が、びっくりするほど
鬱病の酷かった頃の自分とそっくりだった。

以前もこの絵本を読んだことがある(ということに3ページぐらい目で思い出したんだけど)けど、
よく覚えてないけど、そのときとは違う気持ちになったと思う。

何度読んでも、きっとその度に感じるものが違うと思う。

それは言葉には上手にできなくて、
だけど、大切な気持ちだ、と感じる。

また、いつか読みたい。


2008/07/27 Sun 14:34
絵本 > その他の絵本
trackback(0) | comment(0) |permalink
わたしのおじさん(湯本香樹実)
評価:
湯本 香樹実,植田 真
¥ 1,365
不思議なお話。

なんだか切なくて。
だけど、本当はとても温かくて。
優しくて。

2008/06/10 Tue 20:40
絵本 > その他の絵本
trackback(0) | comment(0) |permalink
魔女と森の友だち
評価:
湯本 香樹実
¥ 1,260
湯本香樹実さんの絵本。
湯本さんの絵本は初めてかも。

魔女が鏡を割ってしまい、魔法が使えなくなる物語。

切なくて、ちょっぴりあたたかくて、
短い絵本でここまでのストーリーをつくるのはさすがだな、と思いました。
2008/06/01 Sun 10:44
絵本 > その他の絵本
trackback(0) | comment(0) |permalink
マドレーヌのクリスマス
評価:
ルドウィッヒ ベーメルマンス
¥ 1,260
子供のころ大好きだったマドレーヌシリーズの一冊。

江國香織さんが訳しているということもあって、
前からちょっときになっていました。

なつかしい(*´∇`*)

相変わらずマドレーヌはすごい(笑)。

「のぞみをのべよ」と言われて、お皿洗いをたのむところがなんかいい。


ちょっと季節はずれだったけれど満足です。
2008/05/10 Sat 09:52
絵本 > その他の絵本
trackback(0) | comment(0) |permalink
  |  home  |  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。