over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
罪人よやすらかに眠れ(石持浅海)



すっごい面白かった!!!
スポンサーサイト
2016/04/18 Mon 20:05
あ行作家 > 石持浅海
trackback(0) | comment(0) |permalink
凪の司祭(石持浅海)


すごく石持さんらしい作品だった。
動機とか。方法とか。

あとミステリなのに、殺人よくない、って思った(笑)。
壮大すぎて、殺人って感じしないのかなって思ってたんだけど、やっぱり殺人だった。
2016/04/12 Tue 20:12
あ行作家 > 石持浅海
trackback(0) | comment(0) |permalink
八月の魔法使い(石持浅海)



気が付かなかったけど、再読だった。
なんか内容に記憶はあったんだけど、エンディングの記憶がなかったので、
途中まで読んでやめたのかな?って思って読んだら最後まで読んでた。

以前読んだ時の感想に「なんかもやもやする」って書いてあったんだけど、
今回何ももやもやしなかった・・・・。

2016/04/10 Sun 20:20
あ行作家 > 石持浅海
trackback(0) | comment(0) |permalink
二歩前を歩く(石持浅海)



すごく面白かった!!

石持さんの小説を読むのはずいぶん久しぶりかも。

最初はこれって解決するの!?って思ったけど、
こういうミステリもありだよね。

石持さんって結構ホラーっぽいのも書いてるし。
でも今までのホラー(というか今の科学で証明できないこと)は、
割と優しくて切ない雰囲気だったけど、これはなんか暗くて黒い。
ただ、その「暗くて黒い」は割と石持さんの小説らしい感じがする。

そんな感じ。
2015/08/03 Mon 21:14
あ行作家 > 石持浅海
trackback(0) | comment(0) |permalink
ずっとあなたが好きでした(歌野晶午)



すごく面白いって話もあれば、イマイチなのもあったし、
読みにくい話もあったけど、一冊の本としてはとても良かったです。

でも本当男って・・・
2015/07/01 Wed 20:45
あ行作家 > あ行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
女王様と私(歌野晶午)


面白かった。
主人公に共感する部分も大きかったけど、
一方で受け入れられない面もあった。

深く考えずに読めばいいのかなー。
2015/06/12 Fri 20:59
あ行作家
trackback(0) | comment(0) |permalink
密室殺人ゲーム・マニアックス (歌野晶午)
密室殺人ゲーム・マニアックス (講談社ノベルス)密室殺人ゲーム・マニアックス (講談社ノベルス)
(2011/09/07)
歌野 晶午

商品詳細を見る


このシリーズ面白い。
2014/10/07 Tue 00:18
あ行作家 > あ行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
おしまいの日(新井素子)
おしまいの日おしまいの日
(1992/05)
新井 素子

商品詳細を見る


面白かったけど。。
って感じ。
ネットで検索してたら上の方に「後味の悪い話」で紹介されてた。
2014/10/01 Wed 22:12
あ行作家 > 新井素子
trackback(0) | comment(0) |permalink
カラット探偵事務所の事件簿 2(乾くるみ)
カラット探偵事務所の事件簿 2 (PHP文芸文庫)カラット探偵事務所の事件簿 2 (PHP文芸文庫)
(2012/07/17)
乾 くるみ

商品詳細を見る


1を読んでなくても楽しめるけど、
1を読んでから読むことおすすめ。

最後におおおお!!!ってなりました。
2014/09/16 Tue 21:50
あ行作家 > 乾くるみ
trackback(0) | comment(0) |permalink
こんなにも優しい、世界の終わりかた(市川拓司)
こんなにも優しい、世界の終わりかたこんなにも優しい、世界の終わりかた
(2013/08/22)
市川 拓司

商品詳細を見る


タイトルいいな~って思ったんだけど、
内容もとてもよかった。

こんな終わり方だったらなんか素敵。
2014/09/12 Fri 21:01
あ行作家 > 市川拓司
trackback(0) | comment(0) |permalink
  |  home  |   next >>




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。