over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
豆の上に眠る(湊かなえ)



面白かったんだけど、やっぱり重かった。
私も妹だし、姉が大好きで、だから主人公の気持ちもすごくわかったし、切なかったんだけど、
それ以上に"お姉ちゃん"の気持ちが切なくて、かわいそうだった。


やっぱり血のつながりじゃないよね。
というか、血のつながりがあればあったで、
なければなかったで、かな。

スポンサーサイト
2016/04/13 Wed 20:15
は・ま行作家 > 湊かなえ
trackback(0) | comment(0) |permalink
母性(湊かなえ)
母性母性
(2012/10/31)
湊 かなえ

商品詳細を見る


重かった。
いろんな意味で信じられないし、哀しくて切なくて、エンディングも救いがあるような気もしたけど、ないような気がする。

でも私もどちらかというと、母であるより娘でありたいタイプだし、
母性とか、絶対ない(笑)。

私も末っ子で過保護気味に育てられたから、心配だ、とか思った。
まぁ最初から結婚も子供も望んでないんだけどね。
2014/06/29 Sun 20:21
は・ま行作家 > 湊かなえ
trackback(0) | comment(0) |permalink
望郷
望郷望郷
(2013/01/30)
湊 かなえ

商品詳細を見る



あいかわらず、なんというか、暗いですね。
暗いミステリ大好きですけど。

私には故郷がない(と思っている)ので、故郷に対する想いみたいなものに共感ができないんですよね。
でも今の家に住むようになってから、こういう話を読みとなんとなーくわかるような気がして、
そしてなんとなーく辛い気持ちになるようになりました。

でもとても面白くて一気に読んでしまいました。
theme:読んだ本。 genre:本・雑誌
2014/02/02 Sun 22:11
は・ま行作家 > 湊かなえ
trackback(0) | comment(0) |permalink
白ゆき姫殺人事件(湊かなえ)
白ゆき姫殺人事件白ゆき姫殺人事件
(2012/07/26)
湊 かなえ

商品詳細を見る



いろんな意味で恐ろしい!!
現代。
theme:読んだ本。 genre:本・雑誌
2014/01/06 Mon 20:51
は・ま行作家 > 湊かなえ
trackback(0) | comment(0) |permalink
花の鎖(湊かなえ)
花の鎖花の鎖
(2011/03/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る


手が混んでる って感じがした。
時間差あるのかなとは感じでいたけど思った以上の繋がりがあって、
わかって読み直すとあぁ!確かに!みたいな感じでした。
2013/08/24 Sat 22:06
は・ま行作家 > 湊かなえ
trackback(0) | comment(0) |permalink
サファイア(湊かなえ)
サファイアサファイア
(2012/04/15)
湊 かなえ

商品詳細を見る


久しぶりに図書館に行って借りてきました。

短編です。


面白かった♪
2013/08/12 Mon 19:05
は・ま行作家 > 湊かなえ
trackback(0) | comment(0) |permalink
夜行観覧車
夜行観覧車夜行観覧車
(2010/06/02)
湊 かなえ

商品詳細を見る



面白かった。
読むのがちょっとしんどい場面もあったけど。
それでも一気に読んでしまいました。

2012/05/10 Thu 12:44
は・ま行作家 > 湊かなえ
trackback(0) | comment(0) |permalink
往復書簡(湊かなえ)
往復書簡往復書簡
(2010/09/21)
湊 かなえ

商品詳細を見る


短編です。

今まで読んだ湊かなえさんの小説に比べると重くなかった。
ちょっと笑い話みたいなオチの話もあったし。

だけど湊さんらしいというか、そういう小説でした。
2012/04/04 Wed 16:27
は・ま行作家 > 湊かなえ
trackback(0) | comment(0) |permalink
Nのために
NのためにNのために
(2010/01/27)
湊 かなえ

商品詳細を見る



これ、本当に真相わかるの?って最後の最後まで・・・
あと何ページもないよ~って思ったけど、一応(ぇ)わかった。

でも登場人物はそれぞれ自分の知っていることしかわからない。
そういうのって若竹七海さんの小説にもあって、
私あそういうのもいいなーと思うけど、すっきりしないって人もいると思う。

でもこの小説はもともと「すっきり」と真相がわかるタイプのものでもないし、
こういう(それぞれには真相がわかっていないということ)のがしっくりくるっていうか・・・
いい感じでした。


話が行ったり来たり。語り手も急に変わるので誰?ってなりましたが、
それが湊さんなんですよねー。きっと・

結構重い話もありますが、「告白」や「贖罪」ほどではなかったです。

割と好き。


★★★★☆
theme:読書感想 genre:本・雑誌
2011/06/04 Sat 10:45
は・ま行作家 > 湊かなえ
trackback(0) | comment(0) |permalink
少女(湊かなえ)
少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)
(2009/01/23)
湊 かなえ

商品詳細を見る



最後の最後にいろんなことが繋がってて面白い。


★★★★★
2011/05/19 Thu 14:18
は・ま行作家 > 湊かなえ
trackback(0) | comment(0) |permalink
  |  home  |   next >>




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。