over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
片想い。―ピュアフル・アンソロジー
片想い。―ピュアフル・アンソロジー (ピュアフル文庫)片想い。―ピュアフル・アンソロジー (ピュアフル文庫)
(2008/03/10)
坂木 司、大崎 梢 他

商品詳細を見る



どれも割と面白かった。
スポンサーサイト
2014/07/22 Tue 18:41
アンソロジー・その他 > 恋愛・青春
trackback(0) | comment(0) |permalink
Kiss.-ピュアフル・アンソロジー
Kiss.―ピュアフル・アンソロジー (ピュアフル文庫)Kiss.―ピュアフル・アンソロジー (ピュアフル文庫)
(2006/11)
伊藤 たかみ前川 麻子

商品詳細を見る


Kissというタイトルのアンソロジーだけれど、甘い感じの話ではなく、
どちらかというと切なかったり、苦しかったりするものが多かったです。

一番好きだと思ったのは、前川麻子さんの話。
重苦しい雰囲気で、哀しく切ない感じの話でしたが、
そういうところが私の好みでした(笑)。

この作家さんの本は読んだことがなかったので、
他の本も読んでみたいと思いました。


★★★★☆
theme:読書感想 genre:本・雑誌
2010/06/07 Mon 17:53
アンソロジー・その他 > 恋愛・青春
trackback(0) | comment(0) |permalink
ぼくの歌が君に届きますように-青春音楽小説アンソロジー
ぼくの歌が君に届きますように―青春音楽小説アンソロジーぼくの歌が君に届きますように―青春音楽小説アンソロジー
(2009/09)
天野 純希大島 真寿美

商品詳細を見る



最近、マンガの記事が多いですが、小説も読んでます(笑)。

音楽(歌)に関する短編のアンソロジーです。

大島真寿美さんが書いているのでそれが目当てでしたが、
どれも面白かったです。

私は音楽に対してはとてもコンプレックスが強いので、
音楽をとりあげている小説などは読み始めるのに勇気がいるのですが、
どれもすんなり読めました。


★★★★☆
theme:読書感想 genre:本・雑誌
2010/01/24 Sun 12:52
アンソロジー・その他 > 恋愛・青春
trackback(0) | comment(0) |permalink
Teen Age
Teen Age (双葉文庫)Teen Age (双葉文庫)
(2007/11)
角田 光代瀬尾まいこ

商品詳細を見る


再読です。
何故か記録がないみたいだけど。


10代の少年少女たちの短編集。




★★★★★
2010/01/20 Wed 14:29
アンソロジー・その他 > 恋愛・青春
trackback(0) | comment(0) |permalink
I love you
I love you
I love you
伊坂 幸太郎, 石田 衣良, 市川 拓司, 中田 永一, 中村 航, 本多 孝好


一番好きだったのは石田衣良の「魔法のボタン」かな。ろくな(?)恋愛経験のない私がこんなこというのもなんだけど、なんともほほえましかった。先が読めちゃったのが少し残念だけど、なんかこういう恋の始まりって素敵v

市川拓司の「卒業写真」もおもしろかった。
これも途中で「もしかして」って気がついちゃったのが残念なんだけど、これもなんだか幸せな感じで、なんともおもしろいです。

一番印象的だったのは本だ孝好の「sidewalk Talk」これは恋の終わりの話で、すごく切なかった。こんな静かな切ない恋の終わりって、きっと実際はなかなかないんだろうなぁって思うけど、「いいな」って思うのはおかしいかもしれないけど、憎みあうわけではなく、こうして静かに別れられるならそれにこしたことはないよなぁと思いながら、でもそれがすごく切なかった。

伊坂幸太郎さんの話はまぁよかったんだけど、なんかこう感想が書きにくいのですよ。でも言葉言葉になんだか切なさとかいろんなものがこめられていて、読んでいて切ない心地よさ(意味不明)がありました。

★★★ ⇒ 続きを読む
2005/11/20 Sun 19:10
アンソロジー・その他 > 恋愛・青春
trackback(3) | comment(0) |permalink
  |  home  |  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。