over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
カラット探偵事務所の事件簿 2(乾くるみ)
カラット探偵事務所の事件簿 2 (PHP文芸文庫)カラット探偵事務所の事件簿 2 (PHP文芸文庫)
(2012/07/17)
乾 くるみ

商品詳細を見る


1を読んでなくても楽しめるけど、
1を読んでから読むことおすすめ。

最後におおおお!!!ってなりました。
スポンサーサイト
2014/09/16 Tue 21:50
あ行作家 > 乾くるみ
trackback(0) | comment(0) |permalink
カラット探偵事務所の事件簿 1(乾くるみ)
評価:

騙された………。

乾さんは好きなのと嫌いなのにわかれるけれど、
これはすごく面白かったです。

謎解きを専門とする探偵事務所のお話。


2008/11/07 Fri 19:50
あ行作家 > 乾くるみ
trackback(0) | comment(0) |permalink
リピート(乾くるみ)
なんだか一見SF小説??な感じで。

でもイニシエーションラブにだまされた(!!)私は騙されまいと読み進んでいくと、こんどは普通にミステリー??


でもまぁそれがSFの世界だから謎になるっていう。

逆ミッシングリンク。



ちょっとエグイ(笑)。


でもなんていうか最後、いいですね。
ハッピーエンドじゃないところが!!(笑)


結局運命には逆らえない。

だれも不死身の魂を持つことなどできないのです。。



もういちど人生をやり直せたら、なんていう願望はきっと誰しももっているもの。

そんなテーマの本も何冊か読んできたけれど、やっぱりどれもハッピーエンドとは言いがたいですよね。


物理学的に過去に戻ることを説明しようとする場面が面白かったです。

乾さん、すごい。



で、なんか主人公、嫌いです。
こういう男は嫌いです。




人間ってのは哀しい生き物ですよね。
どうしようもない。
2007/07/11 Wed 19:03
あ行作家 > 乾くるみ
trackback(0) | comment(0) |permalink
林真紅郎と五つの謎(乾くるみ)
林真紅郎と五つの謎
林真紅郎と五つの謎
乾 くるみ


私の中で、「変わったミステリー」というイメージて定着しつつある乾さんの本ですが。
これはなかなか!!普通の(?)ミステリーなんではないでしょうか。
おもしろいです~。
主人公がいい味だしてます。
すいすい軽く読めちゃう感じです。
あんまりミステリーを読まない人にもお勧め。


★★★
2005/12/26 Mon 10:36
あ行作家 > 乾くるみ
trackback(0) | comment(0) |permalink
塔の断章(乾くるみ)
塔の断章―ここにミステリ宿る
塔の断章―ここにミステリ宿る
乾 くるみ


乾さんの小説は普通の話だと思って読んではいけないんだ!と3冊目にしてやっと学習。
でもこの本は、普通の話だと思って読んだほうが面白い…かも。
こんな話だったとは…ね。
いろいろ「えー」と不満を言いたいところはあるけれど、それなりに面白かったのよしとしてしまえます。


★★☆
2005/12/21 Wed 10:54
あ行作家 > 乾くるみ
trackback(0) | comment(0) |permalink
Jの神話(乾くるみ)
Jの神話
Jの神話
乾 くるみ


(≧◇≦)エーーー!
こんなオチなの?
(≧◇≦)エーーー!

むう。
びっくりです。
特に最後の最後に。。。

普通のミステリーを求めている人にはおすすめしません。
なんかいろんな意味でこの作者は偏見を持った人なのでは?と思いました。
でも最後まで読んでこういうことに嫌悪感を持つ自分のほうがよっぽど偏見持ってるのかなぁって気もしたり。
いや、別に同性愛者のことをどうのこうのいってるわけではないのです。
別にそれはかまわないんですが。
Jの正体が。。。。
女子校=レズ、みたいな感じで書かれている気がしたのが嫌でした。
私も女子校のミッションスクールで寮にいたけど、周りにレズとかいなかったし、クリスチャンも少なかったし。

個人的には、アダムとイヴの楽園追放の話が面白かったかも。
なるほど~って。
でもなんかなぁ。。。。

おもしろいんだかおもしろくないんだかよくわからない話でした。


★☆☆
2005/12/21 Wed 05:23
あ行作家 > 乾くるみ
trackback(0) | comment(0) |permalink
イニシエーション・ラブ(乾くるみ)
これって、ミステリーなのよね。そう、ミステリーなんです。だけどね、私はミステリーじゃなく、ただの恋愛小説だったらよかったのにって思っちゃいました。そうだったら、私は好きだなぁ。ミステリーだって知って読んだのに、最後になって「へ?」ってな感じで、私ってやっぱり鈍感よね~って思うわけです。そうなんです。
だって最後まで読んで、それでもよくわからなくて、ネットでネタバレとか見たんです。それで、なんか恋愛小説としても、ちょっとなぁって思い始めたんです。
ようするに、馬鹿なんですね。私。ん、難しい。私には。
でも本当に、ミステリーじゃなくて恋愛小説書いて欲しかった(笑)。
★☆☆
2004/08/06 Fri 20:11
あ行作家 > 乾くるみ
trackback(1) | comment(0) |permalink
  |  home  |  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。