over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
灰色の虹(貫井徳郎)
灰色の虹灰色の虹
(2010/10)
貫井 徳郎

商品詳細を見る


嫌な人ばかり出てくる。
この作家さん駄目かも・・・って思うほどに、嫌な人視点の描写がすごい。
男って嫌だなって思う人も多いし。
こういう世界ってこういう人多いのかな。とは思うけど。

でもおもしろかった。
スポンサーサイト
2015/04/14 Tue 18:14
た・な行作家 > 貫井徳郎
trackback(0) | comment(0) |permalink
私に似た人(貫井徳郎)
私に似た人私に似た人
(2014/04/08)
貫井徳郎

商品詳細を見る


なんかいろいろ考えてしまって読むのがしんどかった。
苛々したし、共感もした。
すごく体力を消耗した気がする(笑)。

だけど最後の章で、予想していなかった展開になったので、
いろいろ考えてしまったことはほとんどすべて吹っ飛んだ。

とても面白かった。
2015/04/13 Mon 18:19
た・な行作家 > 貫井徳郎
trackback(0) | comment(0) |permalink
微笑む人
微笑む人微笑む人
(2012/08/18)
貫井 徳郎

商品詳細を見る


人の気持ちを100%理解するなんて無理だし、自分だってそんなにわかりやすい感情だけで生きてるわけじゃない。
理解できない理由で犯罪を犯す人はたくさんいるけど、一方「理解できない」と言われた犯罪の理由が、私には理解できてしまったりする。

面白かったけど、あれがオチなら、こんなに長い小説の意味があるのだろうか、と思った。。。

でも騙された!に似た衝撃がエンディングにあるのは確か。
2013/12/16 Mon 20:09
た・な行作家 > 貫井徳郎
trackback(0) | comment(0) |permalink
プリズム (貫井徳郎)
プリズム (創元推理文庫)プリズム (創元推理文庫)
(2003/01)
貫井 徳郎

商品詳細を見る



これはある意味かなりの衝撃!

もしかしてもしかして・・・・

とは思っていたがその"もしかして"が!


斬新。


こういうの駄目って人もいると思いますが、私は好きです。
theme:こんな本を読んだ genre:本・雑誌
2013/02/23 Sat 19:03
た・な行作家 > 貫井徳郎
trackback(0) | comment(0) |permalink
失踪症候群(貫井徳郎)
失踪症候群 (双葉文庫)失踪症候群 (双葉文庫)
(1998/03)
貫井 徳郎

商品詳細を見る



祖母が読み終わった本をどさっと送ってくれたので、読んでます。
2012/06/06 Wed 17:21
た・な行作家 > 貫井徳郎
trackback(0) | comment(0) |permalink
明日の空(貫井徳郎)
明日の空明日の空
(2010/05/26)
貫井 徳郎

商品詳細を見る



一見青春小説、なミステリー。

「誰にでも差別意識はある」という言葉が印象的でした。

そして、その差別意識を、自分で自覚するのは難しい、と最近よく考えます。
一生、自分が誰かを、何かを、差別しているということには気が付けないんだろうなって、思っちゃうんですよね。


アメリカは多国籍国家故に、日本はアメリカほどにはそうでないが故に、
差別が激しいのかな、と感じました。


でも彼みたいに誰かを愛することができるって、きっと素敵なことですよね。



★★★★☆
theme:読書感想 genre:本・雑誌
2010/11/21 Sun 20:36
た・な行作家 > 貫井徳郎
trackback(0) | comment(0) |permalink
天使の屍(貫井徳郎)
天使の屍
天使の屍
貫井 徳郎



中学生…中学生?Σ(- -ノ)ノ エェ!?
でした。はい…。

まぁそんなもんなのかなぁ…。ってそうなのか?

「自殺じゃない」と信じる人たちが、私にはちょっと信じられなかった。
「自殺じゃない」と信じたい気持ちはわかるのだけれど、でも、ある日突然に自殺してしまうってことはあることだと思う。特に中学生ってそういう年頃だと思う。

おもしろかったです。
でもそんな風にして自殺できるのものなのかなぁ…って思ったけど。
そんな風に自殺できるなら、もっと違った生き方ができるんじゃないかなぁ…と。ネタバレになるので書きませんが。。。

なんだかミステリーを読みたくなりました。

★★★
2005/12/17 Sat 05:07
た・な行作家 > 貫井徳郎
trackback(0) | comment(0) |permalink
追憶のかけら(貫井徳郎)
追憶のかけら
追憶のかけら
貫井 徳郎


何十にも仕掛けられた罠。それでもみんなを信じる主人公。もう少ししっかりしたひとのほうがいいけれど、そんなやさしい主人公に好感が持てたことは確か。
私も人間不信に陥ったつもりだったけど、やっぱり主人公と一緒にだまされてしまいました。
謎が解けても悲しさばかりで、しかも主人公を貶めようとする理由がそんなこと?そしてばれてもあっさり明るく話す犯人。こんなんでいいの?だけどおもしろかった。
長かったけど、一気に読むことができた。過去にあったことは、ただ悲しいできごととして、本当にあったこととして、そうして納得するしかないのだけど、主人公には未来があって、だからそこに希望を見たいと思った。
2004/08/31 Tue 18:55
た・な行作家 > 貫井徳郎
trackback(1) | comment(0) |permalink
  |  home  |  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。