over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
MEMORY (本多孝好)
MEMORY (集英社文庫)MEMORY (集英社文庫)
(2013/09/20)
本多 孝好

商品詳細を見る



「MOMENT」 「WILL」 の神田と森野の連作短編。
二人に関わった人たちから見た二人の物語。

すっごくよかった!
もういちどMOMENT読みたいなー。
スポンサーサイト
theme:読んだ本。 genre:本・雑誌
2014/08/10 Sun 20:57
は・ま行作家 > 本多孝好
trackback(0) | comment(0) |permalink
at Home(本多孝好)
at Homeat Home
(2010/10/27)
本多 孝好

商品詳細を見る


切なかったり、優しかったり。

好きです(*´∇`*)
theme:読んだ本。 genre:本・雑誌
2013/11/23 Sat 22:10
は・ま行作家 > 本多孝好
trackback(0) | comment(0) |permalink
WILL(本多孝好)
WILLWILL
(2009/10/05)
本多 孝好

商品詳細を見る


「MOMENT」の続編、というか、MOMENTに出てきた葬儀屋森野の物語。

とてもよかったです。



★★★★★
theme:読書感想 genre:本・雑誌
2010/02/24 Wed 19:14
は・ま行作家 > 本多孝好
trackback(1) | comment(0) |permalink
チェーン・ポイズン(本多孝好)
評価:
講談社
¥ 1,680

おかしいな、と思ってからも、
こんなことになるとは思ってなかった(笑)。

騙された。


とてもよかった。

私とは違った人生だけど、共感する部分が多くて、
死ぬ理由をみつけるってことは、
生きる理由をみつけるってこととほぼ同じのかもしれない、と感じた。
2009/03/26 Thu 16:53
は・ま行作家 > 本多孝好
trackback(0) | comment(0) |permalink
正義のミカタ―I’m a loser (本多孝好)
評価:
本多 孝好
¥ 1,575
タイトル、ふざけてるみたいだけど、
結構深いです。

私は、「正義」とかそんなもの、信じないって言うか、
その言葉が大嫌いだけど、
そういうテーマにも繋がってるなぁって思います。

若干、ですけども。


2008/01/30 Wed 11:03
は・ま行作家 > 本多孝好
trackback(0) | comment(0) |permalink
MOMENT(本多 孝好)
評価:
本多 孝好
¥ 1,680
「どこへ逃げようと一緒なんじゃねぇのか?お前が折り合えないのは、この時代でも今の社会でもなくておまえ自身だろ?世界にはばたこうが、宇宙に飛んでいこうが、お前はお前だ。そう簡単に折り合えるってもんでもないだろう」


こんな風に人に言われるのはちょっとわからないけど、自分でそう思えるって、すごいなぁと思う。
そして、それを分かってくれる友人がいるなんて、うらやましいなぁと思う。


病院の清掃のアルバイトをしている主人公。
その病院に流れる
死ぬ直前に、なんでも希望を聞いてくれる人がいるらしい。
という噂。

べつにオカルトチックなものではなくて。

でも考えていたよりもずっと真面目な話。


重い、というほどではないけれど、
エンディングはとても考えさせられる。


以下ネタバレ(反転)


死にたい人がいて、殺してもいいという人がいて、
それでその殺人はいけないのか、という問いは難しい。

でも。
どちらにしろ長い命ではなくて、
周りには病死だと知らされるなら。

患者さん自身にとって、
それが一番幸せなのだと思えるのなら。

安楽死って、難しい。



だけど主人公の気持ちもわかる。

理屈ではなくて。
自分が、そんな死に方を誰かにして欲しくない、とか。

そしてそれが、「生きている」ということなのだ、ということ。


誰かとの接触からしか、自分が生きているという実感は得られないかもしれない。



2007/12/13 Thu 20:46
は・ま行作家 > 本多孝好
trackback(0) | comment(0) |permalink
Fine days (本多孝好)
評価:
本多 孝好
¥ 1,680
不思議な力を持った人たちの短編集。

本多さんの小説を2冊続けて読んだら、もっとたくさん読みたいと思った。

前はそんなに好きじゃなかったんだけどな。

2007/11/18 Sun 18:40
は・ま行作家 > 本多孝好
trackback(0) | comment(0) |permalink
ALONE TOGETHER(本多孝好)
評価:
本多 孝好

不思議な力を持った男性と、母親を殺された少女の話。
凄く切ないけど、それは苦しいというのとはちょっと違って。
重いのにどんどん読みたくなって。

よかったです。
2007/11/18 Sun 18:38
は・ま行作家 > 本多孝好
trackback(0) | comment(0) |permalink
MISSING(本多 孝好)
MISSING
MISSING

本多さんは以前に読んだ本が、特に印象に残らず終わってしまったので、それ以来読んだことがなかったんだけど、人の感想を読んだらおもしろそうだったので読んでみました。
びっくり★
おもしろかったです。
短篇集なんだけど、一番好きなのは「祈灯」
ちょっとミステリ的な要素も含んだ、ちょっぴり切ないお話。



ミステリ
★★☆☆☆
切ない
★★★☆☆
読みやすさ
★★★★☆
総合
★★★★★
2006/05/11 Thu 15:04
は・ま行作家 > 本多孝好
trackback(0) | comment(0) |permalink
真夜中の五分前(本多 孝好)
真夜中の五分前five minutes to tomorrow side-A
真夜中の五分前five minutes to tomorrow side-A
本多 孝好

真夜中の五分前five minutes to tomorrow side-B
真夜中の五分前five minutes to tomorrow side-B
本多 孝好




最後までたんたんと読んでしまいました。
結局何が伝えたいのかよくわからないまま。
でも、なんとなく好き。
引き込まれるわけでもなく、途中でいやになることもなく、淡々とでも一気に。
うまく感想が書けないけど、読む価値はあると思います。

★★☆
2004/12/13 Mon 16:41
は・ま行作家 > 本多孝好
trackback(0) | comment(0) |permalink
  |  home  |  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。