over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
恋火(松久淳+田中渉)
評価:
小学館


 天国の本屋シリーズ。

読んだ時期とかいろいろあるのかもしれないけど、
今まで読んだこのシリーズの本の中ではイマイ…という感じ。
やっぱりこのシリーズは一番目と二番目のがよかったな~。

とてもいい本ではあるんだけれども。


スポンサーサイト
2009/09/10 Thu 12:28
は・ま行作家 > 松久淳+田中渉
trackback(0) | comment(0) |permalink
ウォーターマン(松久淳+田中渉)
評価:
講談社


 サーフィンを愛する人々の短編集。

読みやすかった。
2009/09/04 Fri 12:04
は・ま行作家 > 松久淳+田中渉
trackback(0) | comment(0) |permalink
ラブコメ(松久淳+田中渉)
評価:
小学館
¥ 1,470

ふざけてる…(笑)。
面白かったけど。
2009/05/15 Fri 22:50
は・ま行作家 > 松久淳+田中渉
trackback(0) | comment(0) |permalink
ラブかストーリー
評価:
小学館
¥ 1,575

「ストーリー&テリング」のシリーズなんですねー。

どっちかというと「ストーリー&テリング」の方がよかったです。

主人公の痛さとかはすごく面白かったけど、

性的なものがすごく下品な感じがして嫌です。

男ってこんなんなのかな…。



でも主人公の、考えすぎて、不安になって、どうでもいいことまで想像して、駄目になっていく姿が自分に似てますorz

私、もう20代半ばなのに。。。。


主人公の言葉は笑ってしまうようなものばかりでしたが、
そして3兄弟(?)の言葉は嫌でしたが、
小説の中にはいい言葉もありました。

あろは寿司のみやもっちゃんの言葉です。



私が思うに、大人になるというのは、そういうことではないでしょうか。過去の自分を笑い、許し、しかし同時に若いときでなければ生まれなかった発想を認め、いまの自分に再び吸収していく。

2009/04/20 Mon 17:21
は・ま行作家 > 松久淳+田中渉
trackback(0) | comment(0) |permalink
あの夏を泳ぐ―天国の本屋(松久淳+田中渉)
評価:
新潮社
¥ 1,260
天国の本屋シリーズ。

私はスポーツが好きではないので、
スポーツにかける思いとか、そういうものはあんまり理解できないけど、
若いなぁ~と思いました(笑)。
2009/03/25 Wed 15:54
は・ま行作家 > 松久淳+田中渉
trackback(0) | comment(0) |permalink
ふしぎ自転車チャリィ(松久淳+田中渉)
評価:
小学館
¥ 1,575

それなりにおもしろいんだけど、
なんだか大人の考える"児童書"っていうイメージでした。

なんとなく。

こういうファンタジー冒険的(謎)なものはどうも苦手です。。
2009/03/14 Sat 13:43
は・ま行作家 > 松久淳+田中渉
trackback(0) | comment(0) |permalink
ストーリー&テリング(松久淳+田中渉)
評価:

シングルマザーとシングルファザーが出会い、
最初は喧嘩をしつつ仲良くなる、という
簡単に言えばそんな話。

基本的にはコメディで。
でも少しほろりと来るような来ないような(ぁ


2008/11/15 Sat 17:19
は・ま行作家 > 松久淳+田中渉
trackback(0) | comment(0) |permalink
プール(松久淳+田中渉)
評価:
不思議で切ないお話。

「天国の本屋」のほうが好きだけど。

この独特の雰囲気が好きです。
2007/09/20 Thu 14:32
は・ま行作家 > 松久淳+田中渉
trackback(0) | comment(0) |permalink
うつしいろのゆめ―天国の本屋〈2〉(松久淳+田中渉)
うつしいろのゆめ―天国の本屋〈2〉
うつしいろのゆめ―天国の本屋〈2〉

すごくよかったです。1より好きかも。切なくて。
ここよりネタバレです(反転)
1の時は死んでない主人公が、天国の本屋でしばらく働く、という話だったのが、今度は死んでしまった人がそれに気がつかずに天国にいる、という話。私は1のときに、天国は現実とは違う世界に存在するものだと思ってたから、現実とクロス(むしろ一致?)しているところが、なかなか納得いかなくて難しかった。
主人公が死んでいるんだな、ということはだいぶ最初の方で気がついたんだけれど、あれ?あれ?って感じで、つまりなんで天国なのに、彼女の存在に気がつかない人がいたり、見える人と見えない人がいたりするのかよくわからない。そういう設定をもうちょっとちゃんとして欲しかったかなぁ。
1の時もなかなかちょっと切なくて、最後のハッピーエンドがまたよかったのだけれど、今回は天国で過ごす時間が切なくて、終わり方はちょっとコメディー。人間って難しいな。

★★★
2005/10/24 Mon 13:11
は・ま行作家 > 松久淳+田中渉
trackback(0) | comment(0) |permalink
天国の本屋(松久淳+田中渉)
天国の本屋
天国の本屋
松久淳+田中渉


かなりいまさら感がありますが、読んでみました。
いいですね~。こういう話。
なんか最後とかジーンってきました。
ナルニア国物語とかってなつかしいし!!って読んでないけど(ぇ)。

★★★
2005/08/23 Tue 20:23
は・ま行作家 > 松久淳+田中渉
trackback(0) | comment(0) |permalink
  |  home  |  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。