over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
夢幻花(東野圭吾)
夢幻花(むげんばな)夢幻花(むげんばな)
(2013/04/18)
東野 圭吾

商品詳細を見る



とても面白かったんだけど、最後まで読んで真っ先に思ったのは(というか最後がそうだったから思ったんだけど)
才能があるからと言って、それをしなければいけない義務なんてないと思う!
ということだった。
誰になんの才能があるかなんてわからないしね。才能に気がつかず一生を終える人も多いと思う。

でもそういう話ではたぶん、なかった。
スポンサーサイト
theme:推理小説・ミステリー genre:本・雑誌
2014/11/06 Thu 23:12
は・ま行作家 > 東野圭吾
trackback(0) | comment(0) |permalink
マスカレード・ホテル(東野圭吾)
マスカレード・ホテルマスカレード・ホテル
(2011/09/09)
東野 圭吾

商品詳細を見る


面白かったー。
2014/08/17 Sun 20:10
は・ま行作家 > 東野圭吾
trackback(0) | comment(0) |permalink
禁断の魔術 ガリレオ8(東野圭吾)
禁断の魔術 ガリレオ8禁断の魔術 ガリレオ8
(2012/10/13)
東野 圭吾

商品詳細を見る


ガリレオシリーズ。
TVドラマで先に見ちゃったけど。

面白かったです。
theme:読んだ本。 genre:本・雑誌
2013/09/27 Fri 20:21
は・ま行作家 > 東野圭吾
trackback(0) | comment(0) |permalink
ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾)
ナミヤ雑貨店の奇蹟ナミヤ雑貨店の奇蹟
(2012/03/28)
東野 圭吾

商品詳細を見る



連作短編。

ひとつひとつも面白いけど、
最後にいろいろ繋がっていてそれがとても面白い。
theme:こんな本を読んだ genre:本・雑誌
2013/08/16 Fri 20:43
は・ま行作家 > 東野圭吾
trackback(0) | comment(0) |permalink
歪笑小説(東野圭吾)
歪笑小説 (集英社文庫)歪笑小説 (集英社文庫)
(2012/01/20)
東野 圭吾

商品詳細を見る



すっごく面白かった。
ひとつひとつが短くて読みやすいし、待ち時間に読むのに最適。
こういうの苦手って人も多いのかなぁとも思いつつ、でもオススメ!

こんなこと書いちゃって大丈夫なの?と思いつつ(笑)。
theme:こんな本を読んだ genre:本・雑誌
2012/11/16 Fri 19:21
は・ま行作家 > 東野圭吾
trackback(0) | comment(0) |permalink
麒麟の翼(東野圭吾)
麒麟の翼 (特別書き下ろし)麒麟の翼 (特別書き下ろし)
(2011/03/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る



面白かったです。
theme:読書感想 genre:本・雑誌
2012/06/27 Wed 18:55
は・ま行作家 > 東野圭吾
trackback(0) | comment(0) |permalink
白銀ジャック(東野圭吾)
白銀ジャック (実業之日本社文庫)白銀ジャック (実業之日本社文庫)
(2010/10/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る



久しぶりにがっつり(?)ミステリー。


面白かったです!
2011/09/15 Thu 21:55
は・ま行作家 > 東野圭吾
trackback(0) | comment(0) |permalink
片想い(東野圭吾)
片想い片想い
(2001/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る


テーマは重いですが、ミステリで、面白かったです。
2011/01/26 Wed 12:07
は・ま行作家 > 東野圭吾
trackback(0) | comment(0) |permalink
カッコウの卵は誰のもの(東野圭吾)
カッコウの卵は誰のものカッコウの卵は誰のもの
(2010/01/20)
東野 圭吾

商品詳細を見る



なんか切なかった…。



★★★★★
2010/10/23 Sat 21:56
は・ま行作家 > 東野圭吾
trackback(0) | comment(0) |permalink
プラチナデータ(東野圭吾)
プラチナデータプラチナデータ
(2010/07/01)
東野 圭吾

商品詳細を見る



伊坂さんの小説にも似たようなものがあるけど、これって、「管理社会」への抗議、なのかな。
でも逆の立場からの人からの視点もあって。

私は常々、いつ被害者になるかわからないのと同じように、いつ加害者になるかわからない、と思っている。
だから家族の犯罪を止めることができるはずだ(DNAの管理以前に)、というのには嫌な気持ちがした。

しかしその割に、エンディングが…。なんか普通だ。



★★★★★
2010/10/13 Wed 13:51
は・ま行作家 > 東野圭吾
trackback(1) | comment(0) |permalink
  |  home  |   next >>




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。