over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
イノセント・ゲリラの祝祭(海堂尊)
評価:
宝島社
¥ 1,575


田口・白鳥シリーズは、内容が重くても読み易いし、なんだか楽しい。

この本もそうだけど、今はなんとなくこういう本は読みたくなかったかも。
スポンサーサイト
2009/04/13 Mon 20:59
か・さ行作家 > 海堂尊
trackback(0) | comment(0) |permalink
ひかりの剣(海堂 尊)
評価:

ストーリー的にはそんなに好きではないんだけど。

いろんな本にでてくる人たちが出てて面白かったです(笑)。

田口先生の学生時代のサボりっぷりが素敵です(ぇ



2008/11/01 Sat 23:10
か・さ行作家 > 海堂尊
trackback(0) | comment(0) |permalink
夢見る黄金地球儀 (海堂尊)
評価:

医学じゃない!!!とびっくりしてみた。

でも、めっちゃ理系(笑)。
やっぱりミステリ書く人って理系ですよねぇ。

人の死なないミステリです。

なんかすごく、好きだ><

2008/09/26 Fri 11:13
か・さ行作家 > 海堂尊
trackback(0) | comment(0) |permalink
ジーン・ワルツ(海堂尊)
評価:

なんか、面白かった。

それでも納得できないことがある。
いや、あった。

だけど、考えれば考えるほど、
それは自分が「生まれてよかった」と心から思えたことがないからだ、と思う。

もし、生まれてよかったと、今幸せだと、心から言えるならば、
DNAなんて関係なくて、
知らなければ真実も嘘もない。




2008/09/03 Wed 14:20
か・さ行作家 > 海堂尊
trackback(0) | comment(0) |permalink
医学のたまご (海堂尊)
評価:
海堂 尊
¥ 1,365

図書館で予約して2ヶ月近く待ち。
やっと今日借りてきて寝ないで一気に読んでしまいました。

アツシくん。。。。
こんな成長をとげて(ノヘ;)
うれしいやら淋しいやら(何

すみません、なんかどうでもいい話でしかも若干ネタバレです。

まだ読んでない「ジーンワルツ」のがかなりこの話と関係があるらしいです。
こっちも予約中(笑)。

この話も続くみたいですねぇ。
楽しみです。

世の中、正義と悪ははっきりしていない、というような結論だった気がするけれど、
私ははっきりしていると思います(この話のような状況では)。

だけど生きていく中で、相手が悪いとわかっていても、
それを受け入れなければならないこともあるし、
時には悪(人)が人を救うこともあるのでしょう。
仕方のないことです。


2008/07/27 Sun 03:35
か・さ行作家 > 海堂尊
trackback(0) | comment(0) |permalink
ブラックペアン1988(海堂尊)
評価:
海堂 尊
¥ 1,680
昔の病院の話。

最後にわかるのは、切なく悲しい事実だった。
人を信じるのは難しい。
2008/06/15 Sun 14:33
か・さ行作家 > 海堂尊
trackback(0) | comment(0) |permalink
螺鈿迷宮(海堂尊)
評価:
海堂 尊
¥ 1,680
「チームバチスタの栄光」、「ナイチンゲールの沈黙、」
本当はそれからこの本を読むべきでした。
先に「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読んでしまったのは間違いでした(汗)


今回の主人公は上の三冊とは違って、おちこぼれ(?)の医大生です。


ミステリとしてよりストーリーとして、
なんだかどうしようもない気持ちになってしまって。

いくらでも反論の余地はあるのに、反論すればするほど虚しくなる。

生きるって、死ぬことって、難しいですね。そして、虚しい。

私も間接的をつなげていけば、誰かを殺したことがあるのかもしれない。
それは、お互い様といって片付けるには難しいけど、
そうして片付けることしか、解決方法はないのかもしれない。



2008/05/08 Thu 08:50
か・さ行作家 > 海堂尊
trackback(2) | comment(2) |permalink
ジェネラル・ルージュの凱旋(海堂 尊)
評価:
海堂 尊
¥ 1,680
「ナイチンゲールの沈黙」と同時期に起こった事件のお話。

といってもまぁやっぱり事件?ミステリ?とちょっと疑問だったり。

でも一応謎解きっていみではちゃんとしたミステリ。


なんだかリアルで説得力があって。


医者って大変だよな、と今更思う。


2008/01/22 Tue 19:35
か・さ行作家 > 海堂尊
trackback(0) | comment(0) |permalink
ナイチンゲールの沈黙(海堂 尊)
評価:
海堂 尊
¥ 1,680
「チムバチスタの栄光」のシリーズ…みたいな。

これは結構最初から事件がありそうな雰囲気で。

おもしろいし、ほかのも読んでいきたいなぁとは思うんですけどね。


それはミステリとしての「読みたい」ではないような気がするのです。


そして、すべてを諦めないといけないんだな、というエンディング。
まったく救いがないわけではないけれど。


「チームバチスタの栄光」とこの本のエンディングは正反対。


だけどそれが「切ない」という、私の求める(?)エンディングだったので。
結構好きだな~。


2008/01/15 Tue 10:09
か・さ行作家 > 海堂尊
trackback(0) | comment(0) |permalink
チームバチスタの栄光
チーム・バチスタの栄光


面白かったには面白かった。
でも疲れた。。
ミステリーです。念のため。

★★☆☆☆
2006/07/29 Sat 14:13
か・さ行作家 > 海堂尊
trackback(0) | comment(0) |permalink
  |  home  |  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。