over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
ぼくの・稲荷山戦記
評価:
林 静一,たつみや 章
¥ 1,733
先が見える話ではあるけれど、
ちょっとしたサプライズ(何)があったりとか。

一番最後の、本当に伝えたいところには、
はっとさせられる言葉がありました。

この本で語られる 人間の進化、が
最近考えている自分の考えに似ていて。

だけどそこからどう生きていくか、は
全然違うのかなぁと思った。



スポンサーサイト
2008/01/31 Thu 20:07
は・ま行作家 > は・ま行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
正義のミカタ―I’m a loser (本多孝好)
評価:
本多 孝好
¥ 1,575
タイトル、ふざけてるみたいだけど、
結構深いです。

私は、「正義」とかそんなもの、信じないって言うか、
その言葉が大嫌いだけど、
そういうテーマにも繋がってるなぁって思います。

若干、ですけども。


2008/01/30 Wed 11:03
は・ま行作家 > 本多孝好
trackback(0) | comment(0) |permalink
ドライブイン蒲生(伊藤 たかみ)
評価:
伊藤 たかみ
¥ 1,470
とある作家さんのファンの集まる場所で、ほかに好きな作家さん、と誰かが言っていたので読んでみました。


うーん。
読みにくいわけではなく、わりとすいすい読めるんだけれど、
読み終わっても「え?だから?」みたいな感じで。

読みたくない、とは思わないけど、もっと読みたい、と思えなくて。


好きな作家がかぶってても、やっぱり人の好みはそれぞれですね。
最初に読んだのがこれだったからよくない!!ってのもあるかもしれないけども。



2008/01/29 Tue 21:41
あ行作家 > あ行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
おじいちゃんがおばけになったわけ
評価:
キム・フォップス オーカソン
¥ 1,365
海外の絵本。

絵の雰囲気が好きで、ストーリーは悲しくもあたたかい。

「死」というものを最近の子供は上手く理解できないようで、
機会というのもなかなかないのだろうけれど、
こういう絵本を読んで、一緒に理解しようねっていう姿勢がいいかもな。


なんて独身ですが。


2008/01/29 Tue 21:38
外国人作家
trackback(0) | comment(0) |permalink
リリイの籠(豊島ミホ)
評価:
豊島 ミホ
¥ 1,365
宮城県にある女子校の、

教師、生徒、卒業生、のお話。


微妙に。自分の高校時代とダブるんだけど(笑)。


江國香織さんの「いつか記憶からこぼれおちるとしても」にも似ている。


自分を重ねるなら、江國さんのほうが近くて、
なのにこの小説のほうが、妙にリアルで。



痛い。
いろな意味で。

でも大好き(笑)。



2008/01/28 Mon 14:03
た・な行作家 > 豊島ミホ
trackback(2) | comment(0) |permalink
バラ色の怪物(笹生陽子)
評価:
笹生 陽子
¥ 1,365
微妙に(゜ロ゜;)エェッ!?
って感じにはなるんだけれど。

子供が読んだときと、大人が読んだとき、
ちょっと感想は違うんじゃないかなぁと思いながら。

ちょっとシュールな児童書。


2008/01/27 Sun 07:46
か・さ行作家 > か・さ行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
家日和(奥田英郎)
評価:
奥田 英朗
¥ 1,470
何組かの夫婦の、それぞれの生活に仕方、付き合い方。

まだ結婚してない私には、未知なる世界ではあるけれど。


切ない。そして、温かい。


2008/01/26 Sat 13:14
あ行作家 > あ行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
東京・地震・たんぽぽ(豊島ミホ)
評価:
集英社
¥ 1,365
東京で阪神大震災並みの地震が起こったら。


という設定で、少しずつ繋がる何人もの人の視点から描かれている。


阪神大震災や、新潟県中越地震 を、実際に経験している人には辛いかもしれない。

という私も、母の実家が潰れている。


ただ、私は直接見たわけではなく、祖父母も体は無事だったので。



「地震」というものではなくて、
その中で「人がいかにして生きるか」というか、
その前、そしてその後、の生活がメインで、

それは、地震ではなく、他のきっかけであってもよかったのかもしれない。


地震、というのはなんだか胸が詰る思いだったけれど、
その中で生きる人は、その中ではなくてもきっとリアルで。


やっぱり豊島さんらしかったな。


2008/01/26 Sat 09:41
た・な行作家 > 豊島ミホ
trackback(1) | comment(2) |permalink
ジェネラル・ルージュの凱旋(海堂 尊)
評価:
海堂 尊
¥ 1,680
「ナイチンゲールの沈黙」と同時期に起こった事件のお話。

といってもまぁやっぱり事件?ミステリ?とちょっと疑問だったり。

でも一応謎解きっていみではちゃんとしたミステリ。


なんだかリアルで説得力があって。


医者って大変だよな、と今更思う。


2008/01/22 Tue 19:35
か・さ行作家 > 海堂尊
trackback(0) | comment(0) |permalink
いま、会いにゆきます
評価:
竹内結子,中村獅童,武井証,美山加恋,小日向文世,松尾スズキ,土井裕泰,岡田恵和
¥ 2,670
原作を読んだのがずいぶん前で。

映画も見たい見たいといいつつ今まで見れず(笑)。


ストーリーもよく覚えていない状況で、
だからこそ初めて見るような感覚で見れたのがよかったかな。


ちょっと感動。


2008/01/21 Mon 09:58
DVD > 邦画
trackback(0) | comment(0) |permalink
電車男
評価:
山田孝之,村上正典,中谷美紀,国仲涼子,瑛太,佐々木蔵之介,金子ありさ,服部隆之,ORANGE RANGE,木村多江
¥ 600
もうハラハラしてみてられない(笑)

なんかすごいうけたけど。



2008/01/21 Mon 08:27
DVD > 邦画
trackback(0) | comment(0) |permalink
やがて目覚めない朝が来る(大島真寿美)
評価:
大島 真寿美
¥ 1,470
タイトル。いい!!!
まったくその通りですよ。ねぇ(ぇ

切ない、といえばそうなんだけど、
それ以上に温かいものがあって。

日々、繰り返される生活に、
ただ流されるように生きているけれど、

たまにはそれらに感謝してみたい、と思う。

たくさんのものをもらったから、
だからお返しをするんじゃなくて。

私が幸せだったから。
そしてまた、これからも自分が幸せでありたいから。

だから、感謝の気持ちを持ち、
そしてそれを行動に移せればうれしい。



そんな気がした。

2008/01/20 Sun 07:49
あ行作家 > 大島真寿美
trackback(0) | comment(0) |permalink
薔薇をさがして…
評価:
今江 祥智,宇野 亜喜良
¥ 1,470
前に読んだのがなんだか素敵だったので、同じ作家さんのシリーズ(?)みたいので読んでみました。

なんともいえず。ほっとできるような。

ストーリーも好きだけど、絵もよかった(*´∇`*)


2008/01/19 Sat 17:04
絵本 > 大人向け
trackback(0) | comment(0) |permalink
ALWAYS 三丁目の夕日
評価:
吉岡秀隆,堤真一,小雪,堀北真希,もたいまさこ,三浦友和,薬師丸ひろ子,山崎貴,西岸良平
¥ 2,200
私の知らない世界、父や母すらまだ子供だった時代。

なんだかいろいろ興味深く、感動も笑いも。

2もぜひ見たいです♪


2008/01/18 Fri 20:12
DVD > 邦画
trackback(0) | comment(0) |permalink
誰も知らない
評価:
柳楽優弥,北浦愛,木村飛影,清水萌々子,韓英恵,YOU,是枝裕和
¥ 2,660
見たい見たいといいつつ見てなくて今更なんですが(笑)。


切ない、というよりは 腹立たしい
哀しい、というよりは くやしい。

どんな親でも親には変わりないし。


でもいい映画だったなぁ。

2008/01/16 Wed 18:52
DVD > 邦画
trackback(0) | comment(0) |permalink
トリック -劇場版-
評価:
仲間由紀恵,阿部寛,生瀬勝久,山下真司,芳本美代子,ベンガル,石橋蓮司,伊武雅刀,野際陽子,堤幸彦
¥ 989
見ましたよ、ってだけで(ぇ


くだらないことですけど、
神様かもしれない人にあの態度は酷いですよね(笑)。

神様っていうのは、あの村だけのだと思うんですが、
「透視ができる」っていうのはえ!?と。

どう考えても「全能の神」ではないですよね、あの村の神は。


そもそも神様を対決させるとかって。。。。


ストーリーとは関係ないけど気になった(笑)。
まぁ神様は信じる人それぞれですから。


いろんな手品とかできそうな感じで楽しいです。

2008/01/15 Tue 17:08
DVD > 邦画
trackback(0) | comment(0) |permalink
子ぎつねヘレン
評価:
大沢たかお,松雪泰子,深澤嵐,小林涼子,阿部サダヲ,藤村俊二,河野圭太,竹田津実
¥ 2,190
目が見えない、耳も聞こえない。
そんな子ぎつねと、少年の物語。


目が見えず、耳が聞こえず、
そんな状態でどうやって他者を認識するのかという時点で考えられない。

他者がいなければ、自分がいないも同然なのに。


死を強制していいものなのか、生きることを強制してもいいのだろうか。
生きるってどういうことだろう。
苦しみと幸せの違いはなんだろう。


頭が混乱(笑)。


去年ペットが死んだときのこととか思い出しました。


そんな重い内容なのにちょっとコメディータッチだったり。


ひさしぶりに映画みた~!!!
って気持ちです。


2008/01/15 Tue 13:44
DVD > 邦画
trackback(0) | comment(0) |permalink
ナイチンゲールの沈黙(海堂 尊)
評価:
海堂 尊
¥ 1,680
「チムバチスタの栄光」のシリーズ…みたいな。

これは結構最初から事件がありそうな雰囲気で。

おもしろいし、ほかのも読んでいきたいなぁとは思うんですけどね。


それはミステリとしての「読みたい」ではないような気がするのです。


そして、すべてを諦めないといけないんだな、というエンディング。
まったく救いがないわけではないけれど。


「チームバチスタの栄光」とこの本のエンディングは正反対。


だけどそれが「切ない」という、私の求める(?)エンディングだったので。
結構好きだな~。


2008/01/15 Tue 10:09
か・さ行作家 > 海堂尊
trackback(0) | comment(0) |permalink
格闘する者に○(三浦しをん)
評価:
三浦 しをん
¥ 1,470
私が三浦しをん、という作家に期待していたものはなかったけれど。

一冊の小説としては、とても好きな内容でした。

主人公が小説の中で書いた象の話がよかった!!!

2008/01/12 Sat 20:50
は・ま行作家 > 三浦しをん
trackback(0) | comment(0) |permalink
秘密の花園(三浦しをん)
評価:
三浦 しをん
¥ 1,470
途中から若干うんざりしてしまったり(笑)。

女の子三人のそれぞれの視点から描かれているんだけれど、
友達からは、本人の語りとは全然違って見えていたりして、
それが妙にリアル。。

私はやっぱり、主人公たちの「苦手」とする人物に近い感じではあるんだけど、
少し共感してみたり。

そんなところが、私が好き、と思う作家さんが一度は書くテーマなんだよなぁ、
と思う。
どこか、懐かしいような、よく読む内容なような。。

ちょっとした小話が面白かった。
彼らはカトリックの高校に通いながら、キリスト教を100%信じるわけではなく、
だけど聖書の話から、いろいろ考えていて。

パンドラの箱や、仏教的な話も。



2008/01/04 Fri 07:34
は・ま行作家 > 三浦しをん
trackback(0) | comment(0) |permalink
黄金蝶ひとり (太田忠司)
評価:
講談社
¥ 2,100
正月早々読んだのがこれ(笑)。

私ってば何やってるんだ??

ありがちな設定ではあると思うんだけど、それがわざとらしくない感じでよかったかも。

2008/01/01 Tue 08:49
あ行作家 > あ行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
  |  home  |  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。