over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
謎〈003〉―恩田陸選
評価:
講談社
¥ 730

恩田陸さんの選んだミステリ短篇集。

解説で恩田さんが、それぞれの短篇と似た小説を紹介していました。
そこに書かれていた本も今度読んでみようかと思います。

どれも割りと好きな感じの短篇でした。

特に好きなのは「死者の電話」、「奇縁」でした。





**************************************
「死者の電話」佐野洋
「一匹や二匹」仁木悦子
「眠れる森の醜女」戸田昌子
「純情な蠍」天藤真
「奇縁」高橋克彦
「アメリカ・アイス」馬場信浩
「帰り花」長井彬
「マッチ箱の人生」阿刀田高
***************************************
スポンサーサイト
2009/03/27 Fri 23:11
アンソロジー・その他 > ミステリー
trackback(0) | comment(0) |permalink
チェーン・ポイズン(本多孝好)
評価:
講談社
¥ 1,680

おかしいな、と思ってからも、
こんなことになるとは思ってなかった(笑)。

騙された。


とてもよかった。

私とは違った人生だけど、共感する部分が多くて、
死ぬ理由をみつけるってことは、
生きる理由をみつけるってこととほぼ同じのかもしれない、と感じた。
2009/03/26 Thu 16:53
は・ま行作家 > 本多孝好
trackback(0) | comment(0) |permalink
あの夏を泳ぐ―天国の本屋(松久淳+田中渉)
評価:
新潮社
¥ 1,260
天国の本屋シリーズ。

私はスポーツが好きではないので、
スポーツにかける思いとか、そういうものはあんまり理解できないけど、
若いなぁ~と思いました(笑)。
2009/03/25 Wed 15:54
は・ま行作家 > 松久淳+田中渉
trackback(0) | comment(0) |permalink
儚い羊たちの祝宴(米澤穂信)
評価:
新潮社
¥ 1,470
短編集です。

なんだかすごい世界。。
雰囲気が暗く恐ろしい。

すっごく面白かった。

最後に少し笑えたり。

特に最初の"身内に不幸がありまして"は最後にタイトルの意味がわかって面白い。

2009/03/25 Wed 15:52
や~わ行作家 > 米澤穂信
trackback(0) | comment(0) |permalink
製造迷夢(若竹七海)
評価:
徳間書店

若竹七海さんの本は、そんなに読んでいるわけじゃないけれど、
こういう作品を書くというのは意外でした。

2009/03/18 Wed 22:08
や~わ行作家 > 若竹七海
trackback(1) | comment(0) |permalink
架空の球を追う(森絵都)
評価:
文藝春秋
¥ 1,400

割と短い短篇が10こ入ってます。

なんだか大人な雰囲気で、どれもとてもよかったです。
2009/03/17 Tue 12:36
は・ま行作家 > 森絵都
trackback(0) | comment(0) |permalink
踊るジョーカー―名探偵 音野順の事件簿(北山猛邦)
評価:
東京創元社
¥ 1,680

この作家さんの本は初めてです。

すごく面白かった!!


こういう探偵ものって好きです。


しかも探偵が引きこもり(?)で、オドオドしてて、自信もなくて。
そんな探偵がかわいくて好きです。

お兄さんへのコンプレックスに、自分と似たものを感じたり。

2009/03/16 Mon 21:51
か・さ行作家 > か・さ行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
ふしぎ自転車チャリィ(松久淳+田中渉)
評価:
小学館
¥ 1,575

それなりにおもしろいんだけど、
なんだか大人の考える"児童書"っていうイメージでした。

なんとなく。

こういうファンタジー冒険的(謎)なものはどうも苦手です。。
2009/03/14 Sat 13:43
は・ま行作家 > 松久淳+田中渉
trackback(0) | comment(0) |permalink
死んでも治らない―大道寺圭の事件簿 (若竹七海)
評価:
光文社


元警察官のミステリ作家、"大道寺圭"の連作短篇。

おもしろいです。

正義感に満ちてない(!!)ところがなんだか好きです(笑)。
2009/03/14 Sat 13:41
や~わ行作家 > 若竹七海
trackback(0) | comment(0) |permalink
サニーのおねがい 地雷ではなく花をください
評価:
自由國民社
¥ 1,529

地雷の犠牲になっている、多くの人、動物たち。

そのことを伝える絵本です。
2009/03/14 Sat 13:38
絵本 > その他の絵本
trackback(0) | comment(0) |permalink
光る崖(夏樹静子)
評価:
光文社
¥ 760

なんだか恐ろしく昔の小説みたいですね。。。
びっくりした(笑)。
2009/03/05 Thu 12:53
た・な行作家 > た・な行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
モダンタイムス(伊坂幸太郎)
評価:
講談社
¥ 1,785

「魔王」の続編です。

最初は、続編っていってもそんなに関係ないのかも…?
と思ってましたが、途中からどんどん…。


なんだかすごくよくて、
また伊坂さんが好きになりました。

伊坂さんの小説が、というより伊坂さんが、って感じ。

もちろん、伊坂さんがどういう人なのかはわからないし、
"こういう小説を書く人が"であれば、それは
"伊坂さんの小説が"に限りなく近い、という気がしますが。

どうでもいい気もしますが(苦笑)。


人間はそんな大きな大きな目的のために生きているんじゃない
(中略)
もっと小さな目的のために生きている


というところに、すごく共感しました。

"システムだから" とか "大きな流れ"
誰が悪いというわけじゃない、とか、それはすごくわかるんだけど、
人が生きていく、っていうのは、やっぱり自分が主人公で、
自分ができること、自分が感じること、
その中で生きていくってこと。

自分の正義を大切にしたい、と思う。
2009/03/04 Wed 09:59
あ行作家 > 伊坂幸太郎
trackback(0) | comment(0) |permalink
おにいちゃんぐま おとうとぐま
評価:
ノルドズッドジャパン
¥ 1,470

かわいらしい兄弟ものの絵本。

弟はおにいちゃんが大好き。
おにいちゃんは弟が少し邪魔。

子どもの頃ってこんな感じですよね。
2009/03/04 Wed 09:37
絵本 > 動物のでてくる絵本
trackback(0) | comment(0) |permalink
リサ ジャングルへいく
評価:
ブロンズ新社
¥ 1,050

よくある子供の嘘。

なんだかかわいい。
2009/03/04 Wed 09:35
絵本 > リサとガスパール
trackback(0) | comment(0) |permalink
リサのすてきなスカーフ
評価:
ブロンズ新社
¥ 1,260

学校でシラミが流行りました。

子どもの社会も大変なのよね(笑)。
2009/03/04 Wed 09:31
絵本 > リサとガスパール
trackback(0) | comment(0) |permalink
  |  home  |  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。