over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
三毛猫ホームズの茶話会(赤川次郎)
三毛猫ホームズの用心棒 (カッパ・ノベルス)三毛猫ホームズの用心棒 (カッパ・ノベルス)
(2009/12/17)
赤川 次郎

商品詳細を見る



三毛猫ホームズシリーズです。
…タイトルみればわかるけど。


なんか人がいっぱいでてきて誰が誰だか…。


シンデレラにはなりたくないですね。




★★★★☆
スポンサーサイト
2010/09/27 Mon 22:16
あ行作家 > 赤川次郎
trackback(2) | comment(0) |permalink
リライブ(小路幸也)
リライブリライブ
(2009/12/22)
小路 幸也

商品詳細を見る




誰もが長い人生の中で、たくさんの後悔をするだろう。
あの時、あぁしていれば、と…。

その違う選択をして、そうして歩めたはずの人生を、
私たちは最後まで知ることはできない。




死に際に訪れる「獏」と名乗る者。
獏と言えば、夢を食べる動物として有名だが、この物語に出てくる獏は、
「思い出」を食べるのだという。

代わりに、過去に戻って、違う選択をし、その後の人生を歩ませてくれる。

獏に会った人たちは、そうして人生をやり直すが、彼らに人生をやり直させたいのは、本当の獏(?)ではないようだ。
彼らの人生をやり直させたいのは、いったい誰なのか。。。



私も今までの人生で、たくさん後悔したことはあるけど、
何を選んでも結局私の人生なんて大差ないんじゃないの?って思う。


最近は自分がこうして生きてることを「仕方ない」と感じるようになった。
でも小説を読んでいて、自分が何かをやりなおすことによって、他の誰かが変わっていったりとかするのかもしれないなぁと思った。


だいたいが広義ではハッピーエンドな感じで終る短編だったけれど、
何かを得るためには何かを失うことになる、ということもちゃんと描かれていて、いいな、と感じた。

けれど、やっぱり私は人生をやり直す、っていうのは好きじゃないかな、と思う。
やり直したくないと、最近強く思うようになってきた。

まぁその主な原因は「面倒くさい」からなんだけど(苦笑)。


★★★★☆
2010/09/27 Mon 22:08
か・さ行作家 > か・さ行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
私の家では何も起こらない(恩田陸)
私の家では何も起こらない (幽BOOKS)私の家では何も起こらない (幽BOOKS)
(2010/01/06)
恩田 陸

商品詳細を見る


母に今これ読んでる、って話をしたら、
「何も起こらないならその方がいいね」って言われたけど、
何も起こらなかったら小説にならないじゃん!

まぁあんまり何も起こらないただ淡々と日常が過ぎていくような小説が好きではあるけど、
それにしても何も起こらないってことはないような…。


そしてもちろん、何も起こらないわけもなく…。


小さな丘の上に建っている一軒家。
幽霊屋敷と呼ばれるその家にまつわる短編。

誰がどの時代にどーなってるのかイマイチわからないんだけど、
そういうところがこの小説のよさなのかなぁと思う。



★★★★☆
2010/09/27 Mon 21:59
あ行作家 > 恩田陸
trackback(1) | comment(0) |permalink
訪問者(恩田陸)
訪問者訪問者
(2009/05/14)
恩田 陸

商品詳細を見る



なんかちゃんとしたミステリ(謎)って感じだと思ってたら。

結末が、えー。

でもこういう結末が、えーっていうのが好きです(笑)。
東野圭吾とかにありそうな感じ。


雪の山荘系なんだけど、エンディングが違う、みたいな。


よかったです。


★★★★★
2010/09/24 Fri 18:24
あ行作家 > 恩田陸
trackback(1) | comment(0) |permalink
エデン(近藤史恵)
エデンエデン
(2010/03)
近藤 史恵

商品詳細を見る



サクリファイス
の続編(?)です。

サクリファイスみたいなミステリではないですが、結構おもしろかったです。



★★★★☆
2010/09/24 Fri 17:46
か・さ行作家 > 近藤史恵
trackback(1) | comment(0) |permalink
失われた町(三崎亜記)
失われた町 (集英社文庫)失われた町 (集英社文庫)
(2009/11/20)
三崎 亜記

商品詳細を見る


何度も言うことが変わるけど、やっぱりこの作家さん駄目かも(>_<)

絶望的すぎる。理不尽すぎる!!

その上その中から希望を見つけろとか酷すぎるー(泣)。


やっぱり私が好きなのはもう少しやんわりした日常的な切なさなのかなーと思いました。


それでもやっぱりこの作家さんの他の本も読みたいなぁなんて思ってしまう妙な魅力もあるのです。
難しいです。自分の精神が・・・



★★★☆☆
2010/09/24 Fri 17:27
は・ま行作家 > は・ま行その他
trackback(0) | comment(2) |permalink
  |  home  |  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。