over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
アダルト・エデュケーション(村山由佳)
アダルト・エデュケーションアダルト・エデュケーション
(2010/07/22)
村山 由佳

商品詳細を見る



え?かんのー小説?って思うぐらいすごい話だった。
過激…。


こういうことに関して偏見はないつもりだったけれど、
ちょっと気持ち悪かったりして…。


といいながらさくさく読みました(笑)。
スポンサーサイト
theme:読書感想 genre:本・雑誌
2010/12/27 Mon 22:36
は・ま行作家 > は・ま行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
わたしはあなたのこんなところが好き。(堀川波)
わたしはあなたのこんなところが好き。 (のほほん絵本館)わたしはあなたのこんなところが好き。 (のほほん絵本館)
(2002/08)
堀川 波

商品詳細を見る


恋愛ものなのに共感できて、
ほのぼのとして、
こんな暮らしができたらいいな~と思ったりして…。

素敵な絵本でした。
2010/12/19 Sun 22:26
絵本 > 大人向け
trackback(0) | comment(0) |permalink
僕はパパを殺すことに決めた(草薙 厚子)
僕はパパを殺すことに決めた 奈良エリート少年自宅放火事件の真実僕はパパを殺すことに決めた 奈良エリート少年自宅放火事件の真実
(2007/05/22)
草薙 厚子

商品詳細を見る



だいぶ前に、かなり話題になった(いろんな意味で)本ですが、
たまたま図書館でみかけて借りてみました。

なんか思ってた以上にすごいお父さんでびっくりでした。

期待されない普通の家に生まれてよかった。
お父さんがしがないサラリーマンでよかった。
お母さんもフツーの主婦でよかった。
祖父母もかわいがるだけの人達でよかった。
その結果が今の私であったとしても、ノーテンキにわかった風に「犯罪者」を擁護できる馬鹿な私で良かった。


頭が悪くてよかったー!!


などと思ってしまう一冊でした。
2010/12/18 Sat 22:09
か・さ行作家 > か・さ行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
西の魔女が死んだ
西の魔女が死んだ [DVD]西の魔女が死んだ [DVD]
(2008/11/21)
サチ・パーカー、高橋真悠 他

商品詳細を見る


綺麗な田舎だった。
都会の人はこういう田舎に憧れるのかもしれないけど、
日本にこういう田舎はなかなかないんじゃないかと思う(笑)。

原作が好きで、
映画もとてもよかったです。
2010/12/17 Fri 13:05
DVD > 邦画
trackback(0) | comment(0) |permalink
贖罪(湊かなえ)
贖罪 (ミステリ・フロンティア)贖罪 (ミステリ・フロンティア)
(2009/06/11)
湊 かなえ

商品詳細を見る



「告白」を読みたい読みたいと思っていながら読んでなくて、
先に他の本を読むことに…。


重い…。重すぎる!

でもなんかとても良くて、あっというまに読み終わってしまった。


「言葉」というものは怖いですよね。
誰かの運命さえ変えてしまえる。と思った。



★★★★★
theme:読書感想 genre:本・雑誌
2010/12/12 Sun 16:13
は・ま行作家 > 湊かなえ
trackback(0) | comment(0) |permalink
彼女は、なぜ人を殺したのか―精神鑑定医の証言(福島章)
彼女は、なぜ人を殺したのか―精神鑑定医の証言彼女は、なぜ人を殺したのか―精神鑑定医の証言
(1997/02)
福島 章

商品詳細を見る


ある死刑囚を精神鑑定した医師が書いた、精神鑑定や死刑囚のこと。


興味深かった。

少し古い本なので、今はもう少し違うのかもしれないけれど。
割と読みやすかったし。


もっと精神鑑定について知りたいと思ったし、知って欲しいと思った。

でもこの本は、

「精神鑑定について」の本ではなくて、
「ある死刑囚について」の本です。


★★★☆☆
2010/12/12 Sun 15:56
は・ま行作家 > は・ま行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
三毛猫ホームズの降霊会
三毛猫ホームズの降霊会 (光文社文庫)三毛猫ホームズの降霊会 (光文社文庫)
(2008/04/10)
赤川次郎

商品詳細を見る



子供が亡くなるって親にとってはとても大変なことですよね。

そういう意味で、読んでて結構重たいなぁと感じました。。


★★★★☆
2010/12/12 Sun 15:48
あ行作家 > 赤川次郎
trackback(0) | comment(0) |permalink
しろいくまちゃいろいくま(スヴェトラーナ ペドロヴィック)
しろいクマちゃいろいクマ (世界の絵本コレクション)しろいクマちゃいろいクマ (世界の絵本コレクション)
(2007/08)
スヴェトラーナ ペドロヴィック

商品詳細を見る


色が違うだけの同じくまのぬいぐるみ。
二匹は自分を多く愛してもらいたくて、喧嘩ばかりしてしまいます。

小さい子供の喧嘩みたいで微笑ましい。
絵が優しい感じで素敵です。


★★★★★
theme:絵本 genre:本・雑誌
2010/12/04 Sat 15:05
絵本 > テディベアのでてくる本
trackback(0) | comment(0) |permalink
イワクマクマときずなのえほん
イワクマクマときずなのえほんイワクマクマときずなのえほん
(2010/06/07)
いわくままどか、いわくまうた 他

商品詳細を見る


こういうのいいなー。

★★★☆☆
theme:絵本 genre:本・雑誌
2010/12/04 Sat 14:52
絵本 > テディベアのでてくる本
trackback(0) | comment(0) |permalink
死ねばいいのに(京極夏彦)
死ねばいいのに死ねばいいのに
(2010/05/15)
京極 夏彦

商品詳細を見る



タイトルがあまりにショッキングで読んでしまいました(笑)。


京極夏彦というと小難しいイメージがあったのですが、
これは読みやすかったです。ちょっと漢字が難しかったけど…(私だけですか?)

京極堂シリーズ以外の小説は初めて読みました。


この本に出てくる人たちは、近くにいたら嫌だなぁと思うような人が多くて、
だけどどの人たちにも部分的には私がいて、「死ねばいいのに」という言葉に、
本当に死にたくなりました。

だけど、やっぱり生きていく理由は、この本にでてきた人たちと同じなのかなぁと思ったりしました。


「二人目」の最後の「だれだってそんなもんじゃね?」という言葉には、少し救われた気がしました。
でも私には学歴も何もないんだけど。



★★★☆☆
theme:読書感想 genre:本・雑誌
2010/12/04 Sat 14:44
か・さ行作家 > か・さ行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
神々の午睡(あさのあつこ)
神々の午睡神々の午睡
(2009/09/30)
あさの あつこ

商品詳細を見る



神様と、人間の物語。

死の神様が好きです。

印象的な言葉がありました。

死は安息であり、救済となる。


確かに戦は虚しいもの。死と嘆きしか残らないものよ。でも、その戦の虚しさを乗り越えて、人は平和に暮らそうとする。平和な暮らしを守ろうとする。



面白かったです。

★★★★★
theme:読書感想 genre:本・雑誌
2010/12/04 Sat 14:20
あ行作家 > あ行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
縞模様のパジャマの少年(ジョン ボイン)
縞模様のパジャマの少年縞模様のパジャマの少年
(2008/09/12)
ジョン ボイン

商品詳細を見る



映画化され、話題になった本。

ラストが本当に予想外!
でも子供たちにとってはよかったのかなぁと思ってしまったり…。

最初はシュムエルにとって、主人公が友達とよべる存在なのか、というところがとても疑問だったんだけど、
最後の方で、シュムエルにとっても、主人公が特別な存在だったのだとわかった。

泣ける話なのかなぁと思ってたけど、泣ける、というのとは少し違った。
でも切なかった。


★★★★☆
theme:読書感想 genre:本・雑誌
2010/12/04 Sat 12:38
外国人作家
trackback(0) | comment(0) |permalink
「かいじゅうたちのいるところ」
かいじゅうたちのいるところ [DVD]かいじゅうたちのいるところ [DVD]
(2010/11/03)
マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー 他

商品詳細を見る



大好きだった絵本の映画。


こんな話じゃなかったよ!(笑)


こんな切ない話になっちゃうなんて…

でもこれはこれでいい!
というかこの映画いい!!

かいじゅう達の顔が表情豊かで。

こころが締めつけられるような思いにもなりました。



★★★★★
2010/12/04 Sat 11:52
DVD > 海外の映画
trackback(0) | comment(0) |permalink
  |  home  |  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。