over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
闇の喇叭(有栖川有栖)
闇の喇叭 (ミステリーYA!)闇の喇叭 (ミステリーYA!)
(2010/06/21)
有栖川 有栖

商品詳細を見る



「真夜中の探偵」より面白かった。

この先がどうなるのか気になります。
スポンサーサイト
2012/04/28 Sat 18:39
あ行作家 > 有栖川有栖
trackback(0) | comment(0) |permalink
「処女同盟」第三号(吉川トリコ)
「処女同盟」第三号「処女同盟」第三号
(2007/02/26)
吉川 トリコ

商品詳細を見る



以前何冊か読んで、好きだなって思ってた吉川トリコさんの小説。
友達が読んでるの(この本じゃないけど)見て、読みたいなって思って図書館で借りてみました。


なんか、こういうの良いですよね(*´∇`*)

っていう感じでした。
2012/04/28 Sat 18:26
や~わ行作家
trackback(0) | comment(0) |permalink
チョコレートの町(飛鳥井千砂)
チョコレートの町チョコレートの町
(2010/07/21)
飛鳥井 千砂

商品詳細を見る



とても面白かったのだけれど、
ちょっと読んでいてしんどい部分もあった。

どんな状況においても頑張れる人は頑張れるし、
頑張れない人は頑張れない。
”頑張らない”だけでしょ、甘えてるだけでしょ、
って言われるけど(そういう部分もあるのは事実だけれど)、
”頑張れる”ってある種の才能だよね。

だからさ、仕方ないんだよ。
そうやって、文句言ったり、人が羨ましくなったり、
そうして誰かの邪魔をしてしまったり、
そういうこともあるかもしれないけれど、
結局それ(頑張れない状況)に、納得してしまうんだよね、最終的に。

まぁ、たぶんこんな話ではない(笑)。


私は次女だけど家にいて、なのに両親の老後は「見ない」とかはっきり言ってる。
家にいない長女である姉は、両親の老後どころか、私の将来のことまで考えてくれているらしい。

そういうのって、長女だからかな?

って母に聞いたら、
「性格じゃない?」

と返されたのだが、何気に酷くないですか?
2012/04/21 Sat 18:05
あ行作家 > あ行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
てのひらの父(大沼紀子)
てのひらの父てのひらの父
(2011/11/16)
大沼紀子

商品詳細を見る



読み終わってから気がついたのですが、
以前読んだ「ばら色タイムカプセル」の作家さんの本でした。

だいぶ雰囲気は違ったけど、この本もとてもよかったです。
2012/04/21 Sat 17:50
あ行作家 > あ行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
スイッチを押すとき(山田悠介)
スイッチを押すときスイッチを押すとき
(2005/08/01)
山田 悠介

商品詳細を見る



うーん・・・。
好きじゃないかも。

なんか。なんか違う!(ぇ
2012/04/19 Thu 17:46
や~わ行作家
trackback(0) | comment(0) |permalink
真夜中の探偵(有栖川有栖)
真夜中の探偵 (特別書き下ろし)真夜中の探偵 (特別書き下ろし)
(2011/09/15)
有栖川 有栖

商品詳細を見る


新しいシリーズらしいです。
「闇の喇叭」を先に読むべきだったみたいだ。

事件が始まるまでがかなり長かった!
2012/04/17 Tue 17:42
あ行作家 > 有栖川有栖
trackback(0) | comment(0) |permalink
KAGEROU(齋藤 智裕)
KAGEROUKAGEROU
(2010/12/15)
齋藤 智裕

商品詳細を見る


読んじゃったよ。
ついに読んじゃったよ・・・・。(笑)


最初の方は結構面白くて、
面白いっていうか、私の考えるようなことだったので
意外といけるか?と思いながらも、

これってエンディングどうなるの?どうするの?

という思いが一番強くて最後まで読みました。


で、


え?


みたいなエンディングでした。


なんていうか、ね。うん。
2012/04/13 Fri 17:35
か・さ行作家 > か・さ行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
魔法使いクラブ(青山七恵)
魔法使いクラブ魔法使いクラブ
(2009/11)
青山 七恵

商品詳細を見る


最初の小学生の時と、高校生の雰囲気が全然違って
思ったような小説ではありませんでしたが、
私はこういう小説、結構好きだなー。

2012/04/08 Sun 17:32
あ行作家 > 青山七恵
trackback(0) | comment(0) |permalink
田舎の紳士服店のモデルの妻(宮下 奈都)
田舎の紳士服店のモデルの妻田舎の紳士服店のモデルの妻
(2010/11)
宮下 奈都

商品詳細を見る


すごく暗かったり悲しかったりする話じゃないんだけど、
なんか駄目だった。
重なるってわけじゃないんだけど、自分のこととか考えちゃって、駄目だった。
2012/04/06 Fri 17:08
は・ま行作家 > は・ま行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
月と蟹(道尾秀介)
月と蟹月と蟹
(2010/09/14)
道尾 秀介

商品詳細を見る


凄く悲しくて、怖い。
2012/04/04 Wed 16:36
は・ま行作家 > 道尾秀介
trackback(0) | comment(0) |permalink
往復書簡(湊かなえ)
往復書簡往復書簡
(2010/09/21)
湊 かなえ

商品詳細を見る


短編です。

今まで読んだ湊かなえさんの小説に比べると重くなかった。
ちょっと笑い話みたいなオチの話もあったし。

だけど湊さんらしいというか、そういう小説でした。
2012/04/04 Wed 16:27
は・ま行作家 > 湊かなえ
trackback(0) | comment(0) |permalink
最後の証人(柚月 裕子)
最後の証人最後の証人
(2010/05/10)
柚月 裕子

商品詳細を見る


なんかすごい好き!
こういう騙された!が好き。
2012/04/02 Mon 16:24
や~わ行作家
trackback(0) | comment(0) |permalink
おそろし 三島屋変調百物語事始(宮部みゆき)
おそろし 三島屋変調百物語事始おそろし 三島屋変調百物語事始
(2008/07/30)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


以前に読んだ「あんじゅう」のシリーズ(?)の前の本です。

あんじゅうではわからなかったことが描かれていたので、いろいろすっきりしました(笑)。
でもとても切なかった。こんな過去があったなんて。
2012/04/02 Mon 16:17
は・ま行作家 > 宮部みゆき
trackback(0) | comment(0) |permalink
  |  home  |  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。