over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
母性(湊かなえ)
母性母性
(2012/10/31)
湊 かなえ

商品詳細を見る


重かった。
いろんな意味で信じられないし、哀しくて切なくて、エンディングも救いがあるような気もしたけど、ないような気がする。

でも私もどちらかというと、母であるより娘でありたいタイプだし、
母性とか、絶対ない(笑)。

私も末っ子で過保護気味に育てられたから、心配だ、とか思った。
まぁ最初から結婚も子供も望んでないんだけどね。
スポンサーサイト
2014/06/29 Sun 20:21
は・ま行作家 > 湊かなえ
trackback(0) | comment(0) |permalink
わたしたちが少女と呼ばれていた頃 (碓氷優佳シリーズ)
わたしたちが少女と呼ばれていた頃 (碓氷優佳シリーズ)わたしたちが少女と呼ばれていた頃 (碓氷優佳シリーズ)
(2013/05/16)
石持 浅海

商品詳細を見る


碓氷優佳の高校生時代の日常ミステリ。

もうなんか THE・日常ミステリ って感じで嬉しかった(笑)。

「扉は閉ざされたまま」の人たちが会話の中で登場するんですが、
よく覚えてなくて残念でした。
もう一度「扉は閉ざされたまま」読みたいなー。
theme:推理小説・ミステリー genre:本・雑誌
2014/06/28 Sat 21:04
あ行作家 > 石持浅海
trackback(0) | comment(0) |permalink
サクラ咲く (辻村深月)
サクラ咲く (BOOK WITH YOU)サクラ咲く (BOOK WITH YOU)
(2012/03/17)
辻村 深月

商品詳細を見る


この表紙を見て、母に漫画?って聞かれたんだけど、
そのあと友達にも漫画?って聞かれて笑っちゃった。

表紙だけ見たら確かに完全にマンガだわ~と思ったけど。
最近のライトノベルとかもっとすごいよね。
しかも似たような絵に見えて判別がつかない。

進研ゼミに掲載してされてた小説です。

青春!って感じ。
友達に「恋愛小説?」って聞かれて、
そうでもない。だから面白い。 と話したんだけど、
三作目読み終わったら、どれも恋愛モノだったんじゃないかという気がしてきた。

そうだったのね。やっぱりそうなっちゃうのね。って思ったよね。

面白かったけど。
theme:読んだ本。 genre:本・雑誌
2014/06/27 Fri 22:06
た・な行作家 > 辻村深月
trackback(0) | comment(0) |permalink
カード・ウォッチャー(石持浅海)
カード・ウォッチャーカード・ウォッチャー
(2013/03/13)
石持 浅海

商品詳細を見る



面白かった。
石持さんの小説って死体でてきたのにしばらく通報しないっていうの多いけど、
実際冷静にそんな風に考えるだろうか、とか思っちゃう。
私だったら怖くて怖くてすぐに警察呼ぶと思うけど。

でも通報しないから探偵できるわけだよね。
theme:推理小説・ミステリー genre:本・雑誌
2014/06/26 Thu 20:58
あ行作家 > 石持浅海
trackback(0) | comment(0) |permalink
光待つ場所へ(辻村深月)
光待つ場所へ光待つ場所へ
(2010/06/24)
辻村 深月

商品詳細を見る


3つの短編が、それぞれ別の話のスピンオフ。
過去だったり、未来だったり。

辻村さんのスピンオフは未来のものが多いですよね。
過去のものもいいけど、未来って、あぁそうなっていくんだー、って思って結構好き。

「樹氷の街」が一番好きだった。
過去だけど(笑)。
2014/06/23 Mon 19:16
た・な行作家 > 辻村深月
trackback(0) | comment(0) |permalink
逃げ切り―特別捜査官七倉愛子 (新津 きよみ)
逃げ切り―特別捜査官七倉愛子 (ハルキ文庫 に 2-12)逃げ切り―特別捜査官七倉愛子 (ハルキ文庫 に 2-12)
(2013/05/15)
新津 きよみ

商品詳細を見る


読むのに時間がかかった。
面白かったけど。
2014/06/20 Fri 20:43
た・な行作家 > た・な行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
鏡の花(道尾秀介)
鏡の花鏡の花
(2013/09/05)
道尾 秀介

商品詳細を見る



連作短編。というかなんというか。

もしここでこうなっていたら、みたいな。
パラレルワールドなのかな。

暗くて切なくて好き。
道尾秀介って感じ(笑)。
2014/06/18 Wed 21:35
は・ま行作家 > 道尾秀介
trackback(0) | comment(0) |permalink
憤死(綿矢りさ)
憤死憤死
(2013/03/08)
綿矢 りさ

商品詳細を見る


もう綿矢りささんの本は読まないかも、と思っていたけど、図書館でなんとなく借りて読んでみたら、とてもよかった。
とんでもないタイトルなのに、ポップな表紙。
とんでもない字をピンクでハート入りで表紙にしちゃう。
そういうのも、いいよね(笑)。

2014/06/05 Thu 21:20
や~わ行作家
trackback(0) | comment(0) |permalink
届け物はまだ手の中に
届け物はまだ手の中に届け物はまだ手の中に
(2013/02/16)
石持 浅海

商品詳細を見る


面白かった!

なんか、すごかった。
2014/06/05 Thu 14:21
template
trackback(0) | comment(0) |permalink
  |  home  |  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。