over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
光(道尾秀介)
光
(2012/06/08)
道尾秀介

商品詳細を見る


ちょっとしたトラップ(?)みたいなものがあって、
最後に、あ、騙されてたんだ!っていうのがいい。
theme:こんな本を読んだ genre:本・雑誌
2012/12/21 Fri 15:27
は・ま行作家 > 道尾秀介
trackback(1) | comment(0) |permalink
<<リスの窒息(石持浅海)
まっすぐ進め(石持浅海)>>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
あのころ、わたしたちは包まれていた。まぶしくて、涙が出る――。 都会から少し離れた山間の町。小学四年生の利一は、仲間たちとともに、わくわくするような謎や、逃げ出したくなる恐怖、わすれがたい奇跡を体験する。 さらなる進境を示す、道尾秀介、充実の最新作! 真っ赤に染まった小川の水。湖から魚がいなくなった本当の理由と、人魚伝説。洞窟の中、不意に襲いかかる怪異。ホタルを、大切な人にもう一度見...
粋な提案 | 2013/10/08 Tue |
  |  home  |  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。