over the bookshelf
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- -- --:--
スポンサー広告
|permalink
ロートレック荘事件(筒井康隆)



どういった類のミステリーかを知っていたので(本に書いてあったし)、
ちょっとした違和感もあって、途中でわかっちゃった!
と思ったんだけど、わかってもよくわからなくて、
最後の犯人の告白(これがとても親切な解説!)読みながら
なるほどねーとかって納得した感じだったので、
騙された!っていう感じはなかったし、かと言ってわかった!っていうのとも少し違いました。

でもとても面白かったです。

私には絶対わからないような謎だったのに、わかってしまってびっくりでした。
2015/05/23 Sat 20:39
た・な行作家 > た・な行その他
trackback(0) | comment(0) |permalink
<<女王様と私(歌野晶午)
私たちが星座を盗んだ理由(北山猛邦)>>
Comment

管理者にだけ表示
  |  home  |  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。